こんにちは成田です!

 

成田
ebay秋のアップデートが発表されたのでわかりやすくまとめました!
一言でまとめますと
うわー!!セラーメトリクスの導入きたーーーーー!!ってかんじです。
夏のアップデートの発表があってからまだかまだかと思いましたが、忘れた頃にきましたね。。。
※夏のアップデートはこちらからどうそ↓
まあとりあえず秋の全体的なセラーアップデート(今後の変更)からまとめますとこんな感じです↓

マーケットプレイス・アップデート

在庫の最適化

サービス・メトリクスおよび配送について

今回は特に大事なところだけをまとめましたので、ご参考ください。

マーケットプレイス・アップデート

Managed Paymentsの導入(支払管理の一元化)

支払管理を新しいシステムに移行していくという話です。

ebayでは今後Paypalを決済システムとして使用できなくなります。

2021年までにAdyenという新しいシステムへ移行していきますので、そのは入り口として2018年秋からPaypal以外のシステムを使っていくのでしょう。

Q:新たな決済手段はいつ開始されますか?

この決済手段および管理が軌道に乗り出すには数年かかります。eBayは、2018年秋から小規模な範囲で始め、2019年にかけて拡大していく予定です。...ebayHP引用

 

Adyen(アディエン)について気になる方は過去こちらにまとめてますのでご確認ください↓

またアップデートによるとセラーが支払う手数料に関しては全体的な販売コストを下げられるとの記載があることから、今後手数料が安くなる等のメリットはあるかもしれませんね!

 対処方法
移行を促されたら、どんどんそっちを使うべし!どうせPaypalは絶対なくなるんで!

 

 

ブラウザのセキュリティ強化に伴う安全なHTTPSの使用

こちらは安全でないHTTPコンテンツやHTTPページを出品の商品説明欄に貼り付けると、今後は出品ができなくなるという案内です。

要するに商品説明欄にhttpがコードに含まれているなら、それをhttpsに変換するかもしくは、画像などは商品ページに載せないのが大事になってきます。

まあどのみちエラーがでて出品できないらしいので、エラーがでたら画像などは消すようにしましょう!

 対処方法

最初から写真を商品説明にいれない!入れたければいろいろ調べるべし!

 

手数料の値上がり

ここはあまり使わないし関係ないと思うんで、軽くとばします(笑)

変更はこんな感じ↓

・リザーブ価格設定のオプション料金の値上がり

・サブタイトル設定料金の値上がり

 

ストアに登録しないとオークション形式の出品枠がなくなる

タイトルの通り2018年10月4日からはベーシック以上のストアに登録しない限りはオークション形式の無料出品枠がなくなります。

※今までは100ありましたがなくなります。

 対処方法

ベーシック以上のストアには登録するのがおすすめ!

 

 

 

書籍カテゴリー・DVD&映画カテゴリーの落札手数料が上がる!

これはかなり痛いですね!

2018月9月15日以降、書式やDVD・映画関連商品の落札手数料がストア登録セラーは9/15%→12%に、ストア未登録セラーは10%→12%に値上がりします。

値上がりばっかですね(^^;

もうここまでくるとメルカリが海外ECに本格参入したらみんなそっち使いそうな気がします。

 対処方法

本や、DVD、映画関連商品は出品する際の値段設定を普段より2%多めにすべし!

 

 

バイヤーがセラーの電話番号を見れるようにできる!

バイヤーが気になる商品についての問い合わせなんかを電話できちゃうらしいです!

カスタマーサポートってやつですね。

やり方はこちら↓

Manager your Q&A for buyers)に移動し、「電話番号を共有する(Share your phone number)」という項目を選択し、電話番号を入力の上、「この情報を購入の前後に表示する(Show this info both before and after a purchase)」部分を選択します。

実際の画面↓

 対処方法

英語対応ができるなら、電話番号を登録すべし!

どちらかというと法人向け?

 

 

在庫の最適化

カタログをしっかり選ばないと商品が表示されなくなります。

今後対象のカテゴリーはカタログを選ばないと商品が表示されなくなるそうです。

対象カテゴリーはこちらに記載があります↓

 

ざっくりいうと電化製品・ビジネス・スマホ・ビデオゲーム関連がカタログから出品した方がいいですね。

てかこれ既にゲーム関連を何千個とか何万個出品している人大分きつそうですね。。。

 対処方法

カタログからしっかり出品をしよう!

 

サービスメトリクス

今回一番大事なところです!

メトリクスでパフォーマンスを把握

「商品説明との相違(item not as described)」と「商品未配達(item not received)」リクエストの状況をサービス・メトリクスという画面で把握できるようになります。

2018年10月1日以降 商品説明との相違(item not as described)が多いとどうなる?

2018年10月1日以降、「商品説明との相違(item not as described)」による返品率が非常に高い場合は、該当カテゴリーでの落札手数料(Final value fee)が4%追加して課せられる可能性があります。

※基本的には1年間の取引でカウントされるが、3か月で400以上の取引があるバイヤーはこの3か月間の取引の中の返品率をカウントされる。

 

2018年11月1日以降 商品未配達(item not received)」が多いとどうなる?

バイヤーが確認できる配達予定日時が延長される=バイヤーから買われにくくなるかも

 

どちらも評価の対象は2018年6月1日以降の取引となります。

ただどちらもどのくらい高いとダメなのかは詳しく載っていませんでした。

とりあえずダッシュボードをみるのがいいですね!

 対処方法

しっかり検品!そして追跡番号はつけるべし!

ダッシュボードは毎日確認して、ケースオープンも即効対処すべし!

 

 

ケースオープンされないような対策を考えて作った出品テンプレート

こんな感じで事前に商品説明文の1番上とかに載せるのもいいかもしれないですね!

よかったら使ってみて下さい↓

 

<Very important!>

Please contact us before you open a case!!

We always refund you or accept a return or try to solve problems

And also if you don't like our items,Please do not just leave sad feedback, we will try to make a solution.

Thank you!

 

日本語訳

<超重要>

ケースオープンする前に必ずコンタクトをとってください!

私たちは返金や返品も受け付けおります。

あと商品が気に入らない場合も、返金や返品をもちろん受付けておりますので、ネガティブフィードバックも残さないでください!

こんな感じで未然に防げるところは防いでいきたいですね!

 対処方法

説明文に注意書きすべし!!

 

ちなみにBelow Standardの追加手数料4%とこのペナルティー4%のダブルパンチはないそうですので、Below Standardの方は泣きっ面にハチにはならなそうです。。よかった。。

 

まとめ

セラーメトリクスはちょっと厄介になりそうですね。。

いずれも今からの取引もカウントされているので、追跡番号を必ずつけて、検品をしっかりしていくのが重要になってくるでしょう!

あとオープンケースにも速攻で解決するよう努めましょう!

 

原文を詳しくみたい方はこちらから↓

https://www.ebay.co.jp/news/sr/sr183/marketplace-update/

 

ルールの中でたくさん稼いでいく術をみにつけていきましょう!

みな同じですから大丈夫です!

それではまた!

おすすめの記事