先日 PayPal からこのようなメッセージが届きました。

届いた内容

先日お客さまのPayPalアカウントを調査いたしました結果、

2019/07/08からお客さまのアカウントに2種類の保留金を適用させていただくことを決定いたしました。

この保留金が適用されますと、お客さまのアカウント残高から5000米ドルが最低保留金として保留されます。

また、定期保留金として、毎日処理される各取引の20%を60日間保留するよう設定されます。 

 

注:  保留額は、お客さまが買い手から受け取る代金の正味残高に基づいた金額です。

 たとえば、各取引の20%が1日目の終了時に保留され、61日後に保留解除されてアカウント残高に入ります。

続いて2日目に各取引の20%が保留され、62日後に保留解除されます。これ以降も同様に処理されます。 

  

お客さまの保留金設定に関する決定は、

アカウントに関連するいくつかの要因の調査に基づいたものです。

要因としては、たとえば以下のようなものがあります。

■ 返金 – お客さまのアカウントで、多数の返金が行われているか、返金件数が著しく増えている。

■ 処理量 – 貴社の決済処理量のレベルが著しく変化しています。

■ 商品またはサービスの配達に要する期間

■ お客さまの信用格付け

 

アカウントでの継続的な事業取引のほか、上記の該当するな要因に応じて、お客さまのアカウントを定期的に調査して、保留額を変更させていただく可能性があります。

以下は、お客さまのアカウントを良好な状態に保つために役立つヒントです。

 

- 良好な取引を続けるには:

o 決済後に、すみやかに発送する。

o 顧客に対し、PayPalを通じて追跡情報を提供し、顧客が配達日を把握できるようにする。

o 高いレベルの顧客サービスを継続的に提供する。 

- 顧客の不満を最小限にするには:

o 買い手とこまめに連絡を取る。  たとえば、請求書の発行や、変更や遅れなども含めた配送情報の提供など。

o 返金する場合は、顧客のクレームを招かないようすみやかに行う。

潜在的な損失に対応するために保留金を設定することは、

決済業界での一般的な慣行となっております。

ご不明な点などございましたら、このメールに返信してお問い合わせください。

 

まとめますと

発送までに時間がかかる無在庫のモデルであり、

売り上げが一気に上がったため返金率も以前よりは上がり、

 PayPal 上の信用格付けが少し下がってしまったため今回の措置となったようです。

 

電話で問い合わせても同じような内容を繰り返し述べるのみで、

具体的な解決方法は示してくれませんでした。

 

そしてこの措置が終わるのは半年後とのこと。

 

ただおかしいのは以下のような場合はどうすればいいのかと、、

・取引が増えれば不当な返品を求めるバイヤーは当然増えます(今回の返品率が上がったのもこのようなバイヤーが増えたためでした)

・発送に時間がかかるのを事前に相手に知らせる為、ebayの設定があるのにそれを詰められてしまったら何のためにebay上の設定があるかが謎です。

 

いっそのことリブラに決済方法が変わればいいのにと思います。

決済にこれだけ手数料がかかり不便である決済システムはもう必要がないです。

リブラに関しての記事はこちらをご覧くださいませ。

 

他にも資金保留で悩んでる方はたくさんいるようで、

もう少しebayに合わせた基準を設けていく必要はあるかと個人的には思います。

 

今後もこの内容に関しては随時報告して参りますので皆さんも注意をしてビジネスをしていきましょう。

おすすめの記事