【2020年版】5分でわかるebay海外せどり解説!

ebayとは?

eBayは、アメリカの会社が運営する、世界最大のインターネットオークションサイトです。

会員数は、世界中で1.6億人、販売者数は2,500万人(個人・法人含む)

アメリカを始め、カナダ、イギリス、イタリア、ドイツ、フランス、韓国、中国、など、

約30ヶ国でオークション・サイトを運営しています。

 

すごい数ですよね?

 

日本のオークションサイトと比較しても、数が断然多いのが特徴なのです。

ちなみに今急成長しているメルカリでも、ebayの30%のも満たない5000万人といわれております。

実はeBayは2000年に、日本にも進出しています。

しかし、日本ではYahoo!オークションの利用者数が多く、eBayは2002年3月に撤退しています。

 

どんなものが売れている?

またebayでは中古ショップに持ち込んでも、買取してもらえないような、

『古いおもちゃ』や『古本』やゲームなどその他いろいろ、

盛んに取引されております。

 

海外ではJAPANブランドの評価がかなり高い為、

このように意外な商品が売れることもあるのです。

日本人セラーの中には、『無在庫販売』といって、

商品が売れてから仕入れる手法をとっている方もたくさんおります。

日本と海外の商品価格差が大きく存在する為、

リスクも低いこのような手法もとることができるのです。

 

このように、日本国内だけではなく、海外で圧倒的な数の消費者を、

相手に商売できるのが、ebayの最大の魅力です。

 

どうやってebay輸出で稼ぐの?

『うーん、いまいち理解できない』 『イメージもあまりできないし』

そんな初心者の方でもわかるように、

ebay輸出でどのように利益がでるのかを簡単にご説明致します。

 

有在庫販売(最初から在庫がある)の場合と、

無在庫販売(在庫がない)場合の2パターンをご説明いたします。

 

※有在庫販売の場合
仕入れ→ 出品 → 商品が売れる(Paypalに入金される) → 発送(発送通知をする) → 完了(フィードバックをもらう)
※無在庫販売の場合
出品 → 商品が売れる(Paypalに入金される) → 仕入れ → 発送(発送通知をする) → 完了(フィードバックをもらう)

 

シンプルですよね?

流れはこんな感じですので、あとはシステムの使い方や、

トラブル対処法を身に着けてしまえば、

だれでも売り上げを伸ばすことができます。

上記2パターンそれぞれに特徴がありますので、

皆様のスタイルに合う方を選んでいきましょう!

おすすめの記事