世界のコロナ給付金について

世界のコロナ給付金についてまとめました!

世界のコロナ給付金比較

アメリカ大人13万円+子ども5万4千円支給
日本所得減世帯へ30万円支給
イギリス賃金の8割を支給
フランス賃金全額を支給
スペイン賃金全額を支給
香港14万円支給
韓国8万6000円支給
イタリア30万円支給
ニュージーランド最大45万円支給

アメリカでは現金での給付、

ヨーロッパでは賃金の補償の方向で動いているようです。

ただしいつになるのか、実際のところはまだ確定していない国もあります。

ebayのメインカスタマーでもあるアメリカでは、

トランプ大統領が27日に、経済対策法(Coronavirus Aid, Relief and Economic Security Act)に署名して、同法が成立しております。

経済対策は何とアメリカのGDPの約1割に当たる2.2兆ドル(約237兆円)となり、

個人への給付や、失業保険給付、融資や助成金、医療への支援に充てられるそうです。

 

日本の救済策

まず日本では1世帯あたり30万円の支給されるようですが、

具体的な対象として夫婦2人世帯で月収25万円未満が基準となるようです。

対象世帯がおよそ1000万世帯であれば支給総額は3兆円規模となります。

また4月3日の段階では新型コロナウイルスの感染拡大の影響で所得の減った世帯などを対象とする現金給付について、

1世帯あたり20万円とする方向で調整に入っております。

申告方法は、給付を望む人から所得の金額や減少幅の申請を受けて給付する「自己申告制」とすることを検討しているそうです。

迅速な対応をしてほしいですね。特に営業も自粛されて補償もない業種では今スグに救済策が必要です。

 

ebayにおける対策

ebayにおける対策は引き続き国際郵便に対応して、

発送地域を変えていくのと、

このような外出制限がある中で売れやすい商品も出品していくと結果が出やすいでしょう。

具体的にはゲームやボードゲーム、関連して家族で遊べる、使えるような商品です。

日本でも外出自粛要請がありますので、

その中でebayで買い物するならどんな商品を自分は欲しいのかと意識してみるといいかもしれませんね。

コロナ終息を待つのではなく私たちも今後コロナとどう付き合っていくかを意識していきたいですね!
関連記事もご参考ください。
おすすめの記事