【ebayのジャンル選定】キーワード別の購入率(CVR)を分析しましょう!

商品リサーチっていろいろありますよね?
リサーチの種類
  • Advacnced リサーチ
  • テラピークリサーチ
  • ECサーチャーを利用
  • 商品説明リサーチ
  • セラーリサーチ
  • その他いろいろ

その中でも今回はジャンル選定にもおすすめなキーワード別の購入率を調べる簡単なな方法を伝授します。

米子
そのキーワードがどれだけ人気があるのかを知ることができれば、事前に適切なジャンル選定ができますね

まず気になるキーワードを入れて出品中の商品数を知ろう

今回はSLAM DUNKでリサーチをしてみます

285個の出品中の商品が見つかりました

検索する時はなるべくAdvancedから日本人セラーに絞りましょう⇊

その後SOLD数を調べましょう

Sold listingsにチェックを入れて数を調べましょう

⇊⇊⇊

20個が90日間(ebayでは90日以内の商品がSold Listingsから確認できます)で売れた数となります。

※Soldが積み上げされている商品は表示されないので実際はもう少し多いです。

CVRは…

スラムダンクというキーワード(ジャンル)のコンバージョンレート(購入率)は、20(落札数)÷285品(出品数)=7%となります。

そこまで高くないですが、このジャンルで販売をしていくには、トレンド品か、ニッチなので出品数を多くするという販売方法をとることができるでしょう!※競合が少ないジャンルともとらえる事ができます。

その他の例

わかりやすく人気ジャンルである『ポケモン』のジャンル別コンバージョンレートを見ていきましょう!

出品中商品数を確認します。38,511個が出品されています。

⇊⇊⇊

それに対してSold数は19,560個です。

というわけでポケモンの30日のコンバージョンレート(購入率)は、

19,560(落札数)÷38,511(出品数)=50.7%となります。

先程のスラムダンクとコンバージョンレート(購入率)比べましょう

  • スラムダンク 7%(30日で100個中1,2個売れるジャンル)
  • ポケモン  50.7 %(30日で100個中20個売れるジャンル)

ジャンル別でこれだけの差があるのがお分かりになると思います。

ただ人気ジャンルで販売していく場合は、その分価格競争にもなるのでいろいろ工夫が必要です。

またニッチなジャンルであれば、その需要に刺さるような商品の数を多く出していく必要があると覚えていくといいでしょう

ニッチで競合セラーも少ない分、高利益率となるケースも多いです。

テラピークも利用して、ある程度自分が販売している(出品している)ジャンルでどれくらいの購入率なのか把握したほうがいいわけですね!

その他のキーワード別CVR(購入率)

キーワード出品数購入数購入率
olympic2,48437014.9%
202128,7175,43918.9%
nintendo44,7389,35720.9%
sony17,0937,34343%
art24,275540222.2%

まとめ

なんとなくリサーチするのではなくて、いろんなリサーチ方法を覚えておけば延々とリサーチをすることができます。

またその知識やセラーのリストを外注さんへ伝える事もできて規模を拡大する事も可能です。

ジャンル選定で迷っている時はまずキーワード別のCVR(購入率)を調べてから参入するかどうかを検討してみましょう!

ebay LINE マガジン
おすすめの記事