『ebayリサーチツール』ECリサーチャーの使用方法(競合の価格調査)

今回はebayリサーチツール『ECサーチャー』の使用のコツを伝授いたします。

特に自分の商品をリサーチツールで調べることでも効果が得られるのでそのあたりも解説していきます。

 

出品中から競合の価格を調べる

ツールで気になったSOLD商品(もしくは自分が出品している商品)を選びます↓

 

そのタイトル(無駄を省いたもの)をリサーチツールで検索し出品中(Active)の商品で検索をします↓

 

以下は項目ごとの見方や使い方です。

①商品名

同じ商品がどれだけあるかチェックしましょう。

 

②セラーID

どのセラーがこのジャンルに強いのかが一目でわかります。

ここからセラーリサーチへ派生させると効果的です。

売れているセラーのリストもつくっておくと見返せるのでおすすめです。

 

③カテゴリーID

各セラーがどのジャンルで出品しているのかを参考にできます。

この場合は1345なので『Other Anime Collectibles』が多いということがわかります。

 

 

④販売価格

どの価格帯の商品が多いのかがわかります。

また並び替え機能も付いているので並び替えることで、

最低価格もカンタンにわかります。

※自分の商品もその中に入っていれば、

全体の中でどれくらいの価格設定なのかも一目でわかります。

もし高ければ価格調整をすればより売れやすくなるでしょう。

SOLD中の商品で同じ検索をすることで、

売れている商品の価格設定も知ることが可能です。

 

⑤送料

他セラーはどのような送料設定かがわかります。

SOLD中の商品で同じ検索をすることで、

売れている商品の送料設定も知ることが可能です。

 

 

⑥販売終了日

販売終了日が近ければ新規セラー(競合)が最近出てきた商品だとわかります。

日時にばらつきがある場合は、

そこまでトレンドではない商品です。

 

 

⑦ウォッチ数

一番重要なポイントです。

ウォッチ数が多い商品は

①先行者

②価格が適正

③その他商品タイトルや商品説明等がわかりやすい

などの理由があります。

①-③のポイントを見て参考にしましょう。

 

⑧SOLD数

コチラもウォッチと同様に大事です。

SOLD数が多い商品は

①先行者

②価格が適正

③その他商品タイトルや商品説明等がわかりやすい

④SEOがいい

などの理由があります。

①-③のポイントを見て参考にしましょう。

 

⑨状態

状態も大切です。

特にSOLDが高い、ウォッチが多い商品は新品か中古のどちらが割合が多いのか判断ができます。

 

まとめ

リサーチツールでは他のセラーや商品をリサーチするのと同時に、

自分が出品している商品を回りともカンタンに比較することができます。

 

今回は出品中の商品の検索結果だけを例に解説しましたが、

SOLD検索やセラーID検索機能も利用するとさらに幅広い使い方ができます。

 

高ければ価格修正をする、

他のセラーとの違いを見つける、

このような使い方も覚えていきましょう!

 

 

おすすめの記事