【2020年最新版】ebay輸出で高額商品は超危険なので辞めたほうがいい理由!

コンサル生徒やトラバホ会員様向けには今まで調べつくしたデータや翻訳をもとに

アカウント運用とSEOの教科書(2万文字)を作成しましてお配りしておりますので、

SEO&アカウントの教科書をご参照ください。

今回はよく見る高額商品や暴利について考えてみました。

 

高額商品は超ハイリスク

bonfire

 

最近高額商品で暴利というワードをよくネットでみます。

※暴利…通常の公正な利益をはるかに越えた不当な利得。また、法外に高い利息。

 

ebayでいう暴利とは高い商品を何百何千と出品して

たまたま売れたもののその利益差がすごいということを指すようです。

またハイブランド(シャネル・ヴィトン・グッチなど)

真贋がとても厳しくVEROやその他のポリシーに違反しているようなものを販売している人もいるようです。

実はこのやり方はかなり危険です。

暴利は暴リスクです。

 

理由は3つあります。

 

返品リスクを考えていない

person holding white printer paper

 

仮に20万円の商品が売れたとします。

利益も5万円でたら嬉しいですよね?

 

しかし相手から返品依頼がきたらどうでしょう?

ebayではほとんどのケースで買い手の都合のいいような判断がされますので、

まず返品を拒否することなど100%できません。

 

仮に奇跡的にebay側で売り手の主張が認められたとしても、

ペイパルでは180日間返品を要求することができますので、

こちらでもほぼ100%相手の主張が認められます。

 

返品は必ず受け付けなければいけないのです。

するとどうでしょうか。

その瞬間に在庫となりますよね?

はたして国内で同様の値段で売れるのでしょうか?

たいていは数万円損をすることが考えられます。

 

また支払いまでに在庫も売らなければ、

資金繰り(CF)にも影響します。

 

また在庫としていつか売れるまで持っていたとしても、

棚卸資産として税金も課せられます。

 

このように高額商品にはデメリットが多くあります。

ただしこの中でもしっかりと営業利益を出せていけるのは、

  • 壊れにくい商品
  • 相手としっかり信頼関係ができている
  • 返品があってもダメージが少ない

そのようなものを扱っている方です。

 

これでも『慣れれば大丈夫』とか『事前に写真とったり与信で相手の住所とか調べておけば意外と大丈夫』で済むのでしょうか?

 

Paypalで資金保留されます

silver and gold round coins

 

この辺りを全く気にしていない(恐らく理解していない)ブログが近年非常に多いです。

PayPalでは急激に売上が上がった場合や、高額商品でケースオープンされると簡単に資金保留されてしまいます。

 

よくある資金保留の例:

5000ドルを6か月間保留⇛その間も毎日の売上の20%は3か月の保留対象とする

 

この状態に一度でもなると、いくらペイパルに電話しようがメールしようが、

何も解決してもらえません。

待つしかないのです。

待っても資金自体戻ってこないケースもあるくらいです。

 

物販業界でとても有名な船原さんもこのような事例があったようです⇊

 

そしてこの状態になるとebay輸出するメリットがありません。

一度でも高額商品を販売してしまったためにこのような状況に陥るのです。

それでもまだ高額商品を販売したいでしょうか?

 

チャージバックスキームの餌食に

Meme, Nerd, Funny, Freak, Fool, Viral, Idiot, Silly

 

脅しでも何でもなく、ebayには大量の悪質なバイヤー(詐欺集団)がいます。

アカウントがつぶれたって何十個もアカウントを量産しているので、

彼らに取ったらほとんど意味をなさないのです。

また彼らも様々な詐欺スキームを考えます。

中でもebayで多いのは『チャージバックスキーム』です。

 

チャージバックとは

チャージバックとは、一般的にカード名義人がクレジットカード会社に、支払いの取り消しを直接要請すること。

カード名義人の要請が認められ、チャージバックとなった場合は、売り手のペイパル残高から差し引いて精算される。

 

つまり悪質なバイヤー(プロ集団)は

  1. 購入する
  2. クレームをつけてebayから返品要求
  3. 中身を入れ替えて返品
  4. 中身が違うとしてebayに申し立てても、返品をしたとしてPayPalへチャージバック要求(クレジットカード会社へチャージバック⇛ペイパル)
  5. PayPalの資金が保留
  6. 証拠をいくら提出してもPayPalの資金が没収
  7. 高額商品も代金も失う
  8. 下手をすると売った側が怪しいとPayPalにみなされ他の資金も保留される
またクレジットカード会社>PayPalの構図なのでカード会社から要求があった時点で即資金が保留されます。
PayPalに記載されています⇊

 

高額商品だけを販売するとebayのアカウントも危ない!?

broken red fire extinguisher

 

高額商品だけを出しているセラーはそもそもの取引量が少ないのでこのようなアカウントが多いです⇊

  • 取引件数が少ないのでポジティブレートが低い(94-98%)
  • ディフェクトがついてビロースタンダードになった場合相当な時間がかかりサスペンドの確率が一気に上がる
  • サービスメトリクスの数値も悪くなると回復の見通しがつかない

運営においてもリスクしかないことがお分かりになるかと思います。

 

 

ローマは一日にして成らず

ローマは一日にして成らずという言葉があるように、

いきなり高額商品や暴利で稼ぐ!やルールを理解せずに短期間で稼ぐ!

のようなものほど一過性なことはありません。

 

プラットフォームを利用している以上は

ルールを隅々まで理解をして、

安全にアカウントを運用していかなければなりません。

 

もちろんこれは個人的な見解ですので、

もし高額商品販売をしたい方は自己責任でやってください。

きっとこれらの意味を身をもって知っていただけるかと思いますよー(笑)

おすすめの記事