コンサル生徒さん向けに今まで調べつくしたデータや翻訳をもとに

アカウント運用とSEOの教科書(2万文字)を作成しました↓

https://wp.me/s9y2ZF-nar

(現在はコンサル生のみお配りしております。)

 

暴利は暴リ(暴リスク)

最近暴利というワードをよくネットでみます。

暴利…通常の公正な利益をはるかに越えた不当な利得。また、法外に高い利息。

 

ebayでいう暴利とは高い商品を何百何千と出品して

たまたま売れたもの利益差がすごいということを指すようです。

 

またハイブランド(シャネル・ヴィトン・グッチなど)

真贋がとても厳しくVEROやその他のポリシーに違反しているようなものを販売している人もいるようです。

 

このやり方ですとかなり危険です。

暴利ではなく暴リスクです。

 

理由は2つあります。

 

返品リスクを考えていない

仮に20万円の商品が売れたとします。

利益も5万円でたら嬉しいですよね?

 

しかし相手から返品依頼がきたらどうでしょう?

 

ebayではほとんどのケースで買い手の都合のいいような判断がされますので、

まず返品を拒否することなど100%できません。

 

仮に奇跡的にebay側で売り手の主張が認められたとしても、

ペイパルでは180日間返品を要求することができますので、

こちらでもほぼ100%相手の主張が認められます。

 

返品は必ず受け付けなければいけないのです。

 

するとどうでしょうか。

その瞬間に在庫となりますよね?

はたして国内で同様の値段で売れるのでしょうか?

たいていは数万円損をすることが考えられます。

 

また支払いまでに在庫も売らなければ、

資金繰りにも影響します。

 

また在庫としていつか売れるまで持っていたとしても、

棚卸資産として税金も課せられます。

 

このように高額商品にはデメリットが多くあります。

ただしこの中でもしっかりと営業利益を出せていけるのは、

・壊れにくい商品

・相手としっかり信頼関係ができている

・返品があってもダメージが少ない

そのようなものを扱っている方です。

 

危険な暴利アカウント運用

よく見るのは

高額商品だけを出しているセラーです。

このようなセラーも危険です。

そしてこのようなセラーはだいたい

・ポジティブレートが低い(94-98%)

・ディフェクトがついてビロースタンダードになった場合相当な時間がかかりサスペンドの確率が一気に上がる

リスクしかないことがお分かりになるかと思います。

 

 

ebayのポリシーや規定を読んでもいない人が99%

このようなリスクを抱えているにも関わらず

これらの販売手法を教えている、または実践している人達が存在しているのは、

ebay上のポリシーや変更事項などを読んでいないからにほかなりません。

イーベイジャ〇ンからサポートを受けているというのも、

全く安心できません。

 

裁量権があるのはアメリカやそのほかの部門です。

イーベイジャ〇ンはただの日本法人でお客さんからの要望を、

裁量権がある部門へお伺いを立てることしかできません。

またそれが個人であって無在庫をしているセラーであったらどうでしょうか?

何かあっても簡単に切り捨てられるのが想像できます。

 

 

ローマは一日にして成らず

ローマは一日にして成らずという言葉があるように、

いきなり暴利で稼ぐ!やルールを理解せずに短期間で稼ぐ!

のようなものほど一過性なことはありません。

 

プラットフォームを利用している以上は

ルールを隅々まで理解をして、

安全にアカウントを運用していかなければなりません。

 

また、

ありきたりな『ebayの強化書』的なのよりかは『アカウント&SEOの強化書』を見ていただくことをおすすめいたしますよ!

 

 

おすすめの記事