『ebay輸出テクニック』ロス・リーダー(損失先導商品)を置こう!
皆さまは損失先導商品(ロスリーダー)を置いていますか?

米子
何ですかそれ???

損失先導商品(ロスリーダー)とは?

ロス・リーダー/損失先導商品は、おとり販売とも呼ばれます。

ショップに顧客をひきつける目的で利益ゼロあるいはコスト割れの価格をつけた商品を販売することです。

※昔国際郵便が安い時に流行ったDAISO商品を販売するのがこれに近いのかもしれません。

このような商品をおとり商品、あるいはロス・リーダー(損失先導商品)といいまして、ショップへのアクセスを増やすことで結果的に他の商品の販売を増進させる効果があります。

米子
スーパーや家電量販店なんかでよく見る目玉(特価)商品なんかは、客寄せのための商品だったんですねー!!

確かにそういう割引された商品以外にも必ず私は買ってしまいます、、、(笑)

ebayにおける理想的なロスリーダーはこのような商品!

  • 1000-3000円以下などと安価な商品 ※ある程度利益がでるものがあればこれ以上の商品価格もおすすめです。
  • 月に10個~と回転する商品
  • 出品ジャンルに近い商品 ※ストアに訪れた顧客が類似商品を購入してくれる可能性が高いため
  • まとめ買いしてくれそうな商品

薄利であってもどんどん商品が売れるので、それにより間接的に他の商品が売れたり、SEOに効果が期待できるのです!

米子
ebayでいうとどんな商品なんですか?
ebayでもたくさんありますがこの辺りはわかりやすいロスリーダー商品ですね!

米子
どれも凄い数が売れてますね!薄利でもこれだけ売れればいろんなメリットがありそう!

ロスリーダーを置くことのメリット

ロスリーダー(おとり商品)を置くことのメリットはこちらです。

1 ストアへの流入が増える

2 関連商品が購入されやすくなる

3 インプレッション、プレビュー、CTR(クリック率)、CVR(購入率)それぞれの数値が上がりSEO対策となる

4 回転するので評価もたまりやすい ※初心者でも取り組めます

他にもある販促方法お活かせるのでですがこちらのオープン記事では控えます。すみません。

どうしても目先の利益を考えがちなのですが、そうではなく、皆さまはロスリーダーをしっかり置いて1歩・2歩先の売上につなげていきましょう!
おすすめの記事