ebayにおけるコロナ対策【2020年4月】

各国・地域における郵便物の取扱状況等について最新情報とその対策です

米子
今正しい運営をする力が求められていますね

現在の日本郵便の状況

本日から一部の国際郵便物のお引受けを一時停止

新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延に伴い、

各国・地域において、国際郵便物の受入停止等の措置が取られていることおよび日本との間で発着する航空機が大幅に減便・運休となり、輸送ルートが途絶えていることから、

4月2日(木)から当分の間、一部の国際郵便物のお引受けを一時停止

国別取り扱い状況はこちら↓↓

https://www.post.japanpost.jp/int/information/2020/0401_01_01.pdf

アメリカ・イギリスなどの販売先主要国はまだ発送されるようですが、

油断はできない状況です。

 

そもそもコロナはebayの売上には大きくは影響しない

2月、3月とアメリカでも流行し始めたコロナですが、

在宅が増えてネットショッピング需要が増えたのか、

売上にはほとんど影響がなかったのも事実です。

むしろ売上が伸びているコンサル生もいる程でした。

肝心な問題は日本郵便のみということになります。

 

対策

今回の遅延や引受停止を受けていくつか対策をしていく必要があります。

発送除外国の設定をする

まずはアメリカや発送可能な国を除き発送除外の設定をするということです。

Shipping Policy経由で変更が必要です。

Seller Hub > Listings > Business Policies > 変更すべきShipping Policyにて、

Edit > Exclude shipping locationsより国を選んで設定でできます。

ビジネスポリシーでinternational の箇所をNo international shippingに設定をすると、

アメリカのみの販売となるのでそれでもいいでしょう。

わからない方は検索でebay発送除外と検索するとたくさんやり方が出てきますので、

そちらをご参考ください。

 

販売したオーダーに細かく対応する

まずは発送済みのオーダーです。

コロナによる日本郵便の現状を伝えて少し待ってもらえるか交渉をしていきましょう。

キャンセルとなった場合は、まず一度郵便局へ調査請求を提出をしましょう。

キャンセルによる損失を出さないことが大切です。

キャンセルであれば国内で販売する、紛失であれば必ず補償を受けるようにしましょう。

また3月20日~6月20日の間はセラーレベルも下がりません。

ebayでの遅延レートはコロナによる声明でセラー保護されるので、

遅延が理由で仮にネガティブやディフェクトがついても削除してもらえるのでそれらは消してもらいましょう。

商品が到着しないケースオープンもサービスメトリクスへ影響するので、

商品が到着しないケースオープンを開かれた場合は、

【必ずコロナによる郵便の遅延】を伝えこちらに過失がないことを理由にサービスメトリクスに影響させないように連絡をしましょう。

セラー保護といえどebayの管理体制はあまいので自ら積極的に連絡を取ってリスクヘッジをしていく必要があります。ケースオープンでこちらに過失が全くないことを伝えるように特に意識していきましょう!

今が一番大切です

仮にストアを休止する(バケーション設定)にしたり、

Endで商品を一度取り下げる方もいると思います。

その場合は最速でスタートを切れる状態を作っていきましょう。

具体的には

  1. SOLD積み上げ商品をピックアップして、ライバルセラーが復帰していないうちにどんどん積み重ねてマウントをとる
  2. 出品在庫管理ツールで出品する商品のファイルエクスチェンジシートを大量作成(大量出品後に即在庫管理をして国内売切商品を取り下げます)
  3. リサーチツールで多くの商品やライバルセラーのリストを取得しておく

多くのセラーが今回ストア休止をすることで、その後再出品した際のSEOの低下や貯めたSOLDがなくなります。

また1つ1つ在庫確認をしてから再出品するでしょうから、

再開する際のスピードも遅いでしょう。

まさにこれらが今の段階でどれだけできているのかが大事です。

 

おすすめの記事