成田
今回はebay、AMAZON、楽天、ヤフオク、メルカリの各5つのサイトのデータを比較しましたので、共有いたします。

成田
たぶんこの辺のデータもあまり公開している人がいないと思うので、ぜひご参考くださいませ!
※ただし多少の細かな数字は異なりますので、ご了承くださいませ。

1日のアクセス数

下記がそれぞれの訪問件数です↓

ebayは1日40ミリオンのアクセスがあります。

 

想像できないですよねw

40ミリオン=4000万です。

全世界で1日4000万回見られているってことです!

すごいですよね。

それに続くAMAZONでも2000万件程度ですので、ebayへのアクセス数はAMAZONのおおよそ2倍です。

日本最大級のECサイト楽天ですら、ebayの1/4程度のアクセスです。

 

各ECサイトのシェアはこのような感じです↓

 

ebayが半分近くのアクセスのシェアを取っています。

 

ただなぜか日本のヤフオクが負けていない部分がありました。

 

それは広告の掲示回数です↓

数にするとebayの倍くらいです。

確かにヤフオクってかなり広告が多いですもんね。

まあこの辺はバランスだと思いますが、ebayは他社より落札手数料が高い分、

広告を抑えているのかもしれませんね。

広告も多いし、落札手数料も高かったら誰も使いたくありませんからねw

 

PC VS モバイル

これも皆さんはすでにお気づきかもしれませんが、どのECサイトもPCよりモバイルからのアくセスがどんどん増えております。

半数以上がモバイルです↓

※メルカリもPCからのアクセスが多いのはちょっと不思議ですw

ebayで販売している方はレスポンシブ(スマホにも見やすい画面)になっているかチェックしてみてくださいね!

モバイルでみたら文字が小さかったり、説明欄が崩れてたりしたら、

気づかないうちに、それが売上の低下につながってたりってこともありえますからね。

要注意です。

 

ちなみに普段私のブログをお読みくださっている皆様の、

6割くらいもスマホからのアクセスです↓

国別シェア

国別のアクセスシェアはこんな感じでした↓

※PCからのアクセスが対象

 

ebayのアクセスが圧倒的です!

ただ、これに関してはAMZONがこんなに低いわけないだろ!っていう結果ですよねw

かなり誤差があると思います。

日本に限って言えばAMAZONユーザーが楽天ユーザーより多い点などは、参考になるかと思います。

 

ebayのライバルサイトは?

ebayの競合となるWEBサイトに関しては下記になります↓

AMAZON以外はあまり知らないですよねw

世界にはまだまだいろいろECサイトがあります↓

UBID.com

アメリカのECサイトです↓

http://www.ubid.com/

 

Overstock.com

こちらはかなり高額商品だけを扱っているECサイトです↓

https://www.overstock.com/

 

ただどれもebayとは比にならないので、気にしなくていいでしょう。

 

まとめ

こんな感じで普段からデータを見たりする必要はそんなにないかと思いますw

ただ何も見ないよりは、よりマクロ(木を見ず森を見る)的な視点で、

先のことを予想を立てながらECビジネスに取り組めるかと思います。

 

まあないとは思いますが、ebayのアクセスが急激に減ってきてAMAZONが急増してきたら、

「何かがおかしい」と感じ取り、最悪AMAZONや違う土俵でビジネスを行うことも検討する必要もあります。

 

ニュースなどに出てくる情報を見てからだと完全に乗り遅れてます。

 

皆様も自らどんどん情報採集することをおすすめいたします。

 

LINE@で最新の情報を提供しております
LINEでお問合せ↓
出品スピードが10-100倍UPするツール
おすすめの記事