Boost Listing(出品ツール)の使用方法

Boost Listing(出品ツール)の使用方法

使用する前に

まずツール・ファイルエクスチェンジが難しいという考え方は捨ててください。

覚えれば誰でもできる非常にシンプルなものですのでご安心ください。

とにかくやってみることで慣れますし、

いかにツール出品が早くて便利かがわかって頂けるかと思います!

出品・在庫管理の流れをカンタンに説明!
①Boost Listing(出品ツール)で出品

②Boost Listingで出品した際取得した『商品URL』と、

ebayにアップロードしたファイルエクスチェンジの結果からダウンロードして確認できる『itemID』をエクセル(在庫管理ツールフォルダ内にある在庫管理シート)で保存

③Stock Check(在庫管理ツール)へ在庫管理シートをアップして、好きな時に管理ボタンを押す
④たったこれだけです!

 

 

出品ツール(Boost Listing)の使用方法

 

まずはログインしてお気に入りやいいねをしましょう

まずヤフオク・メルカリ・ラクマ(ラクマは現在対応できるように開発中)どれかにログインをしましょう。

その後、ヤフオク・メルカリ・ラクマ(ラクマは現在対応できるように開発中)で出品したい商品に、ウォッチいいねをしていきましょう!

  • 1回目はメルカリのいいね一覧をebayへ一気に出品
  • 2回目はヤフオクのウォッチ一覧をebayへ一気に出品

といった風に分けたほうがやりやすいでしょう。

 

ヤフオクではウォッチ↓

 

メルカリではいいね↓

 

 

AMAZONのみ商品ページのURLをツールの商品URL箇所へ張り付ける必要がります。

※AMAZONはお気に入りができないのでこのようになっております

 

ヤフオクやメルカリ、AMAZONで自分の商品を出品している方も、

ebayへ同時出品(在庫管理)できて販路を増やせますのでお勧めです!

 

アドバイス

商品数が多い時は、同じジャンル(本だけ)や同じブランド・メーカーでお気に入りをまとめておくと後々楽です。

なぜならファイルエクスチェンジでブランド名カテゴリー番号が同じであれば一気にコピペで作業できるからです

 

インターネットエクスプローラーでログイン

お気に入りやいいねがたまったら、

ツールを使う前にインターネットエクスプローラーで、

抽出したいサイト(ヤフオク・メルカリ)のログインをします。

アマゾンはログインの必要がないです。

マイクロソフトエッジと間違える方が非常に多いですがマイクロソフトエッジではありません。

アイコンが似ていますが、分からない方は検索からインターネットエクスプローラーと検索して使用してください。

〇こちらがインターネットエクスプローラー↓

 

×こちらはマイクロソフトエッジなので異なります↓

 

①【URLを抽出する】をクリック

①URLを抽出するをクリックして、

下記のようなURL取得画面からメルカリ・ヤフオクの対象ボタンをクリックします。

AMAZONは直接B列の商品抽出URLへ商品ページのURLを張り付けましょう。

 

エラーが出た場合は何回かクリックしてみましょう。

ほとんどのエラーがメモリ不足かたまたま反応していないケースが多いです。

インターネットエクスプローラーが通常に自動で動いていればうまくい読み込みます。

 

出品・在庫管理】をクリック

 

②出品・在庫管理をクリックし、商品情報取得欄の新規出品をクリックすると、

タイトルや商品説明などの必要事項を1品5秒程度で取得します

全て取得し終わるまで放置します。

※在庫管理ボタンは現在使用しません。

途中で止めたい場合はインターネットエクスプローラーを閉じると止まります。

こちらも同様にエラーが出た場合は何回もクリックしてみましょう。

 

抽出されたらタイトルや商品説明を編集しましょう

抽出されたツール上のタイトル商品説明(日本語)のいらないキーワード、

(送料無料・記号・その他商品に関係のないワードなど)を直接ツール上で削除します

 

タイトルの編集↓

 

 

商品説明の編集↓

 

この作業が一番時間がかかりますが、SEOに影響する非常に大事な部分なので丁寧にやりましょう。

こちらに時間をかけたとしても普通に出品するよりかは数倍も速いです。

 

③【翻訳する】をクリック

 

編集が完了したら③Google翻訳をクリックして自動翻訳をしてもらいます。

こちらも同様にエラーが出た場合は何回もクリックしてみましょう。

 

翻訳がうまくできないエラーが起きたとき

メモリなどの問題でこのように同じ翻訳が続く事があります↓

 

その場合も翻訳さえできればいいので、日本語タイトルと日本語の説明を翻訳シート(スプレッドシート)に張り付けて、英訳にしてから再度こちらのツールの英語タイトルと英語の説明箇所に張り付けて頂ければ大丈夫です

翻訳シートはこちらのエクセルをスプレットシーとにアップロードしてお使いください↓

関数が入っているのでまとめて日本語を張り付けると、日本語訳になります。

 

④【ファイルエクスチェンジ】をクリック

翻訳が終わったらあとは【ファイルエクスチェンジ】をクリックしてツールでの作業は完了です。

 

※在庫管理で商品のURL(メルカリやヤフオク・AMAZON)を使うのでまだツールは閉じないでください↓

 

ファイルエクスチェンジ(csv)を編集します。

最後にebayへアップする前のファイルエクスチェンジ(csv)を編集します。

 

変更箇所は以下の通りです↓

①カテゴリーナンバー

カテゴリーナンバー(ebayで決められている番号です)の探し方がわからなければ下記をご参考ください。

 

②タイトル

タイトルは80文字以下に収まるようにしましょう。Japanなどと追加してもいいですし、そのままでもいいです。

 

③価格

価格は設定で仕入れ価格の2倍に設定されています。

自由に手入力で変更してもいいですし、面倒な場合は関数で(価格の隣に列をつくりそこに =(対象のマス)*1.5 などと掛け算をして後はそれをまとめてコピペすることで100個ある商品も1.5倍(実際は仕入れ価格の3倍)とすることができます → その後に関数の方の数字をコピーして、価格の列に『値の張り付け』をします。 → その後関数の列は削除します   )

こうすることでまとめて価格を2倍-3倍と変更することができます。。

 

④ブランド入力

ブランド名が(メーカー名)わからなければ『unknown』もしくは『N/A』と入力しましょう。

 

⑤ポリシー名入力

ポリシーは皆さんが設定している(送料:支払い:返品)ポリシー名を入力してください。

※日本語のポリシー名はエラーになるので英語に変更しましょう。

皆さんのebayのポリシー名を、ツールで登録されているポリシー名(Free、customer1、SALE)に変えてしまうと毎回変更する手間が省けますのでお勧めです。

 

後はデータをebayにアップして完了!

編集終了後に保存をして後はebayのファイルエクスチェンジをアップロードする箇所からアップするだけです。

 

 

アップ後に必ずアップロード結果を確認しましょう⇊

 

 

↑View download resultsをクリックしてdownloadをクリック

 

 

ダウンロード結果がこのようになっています⇊

 

 

①Successが出ていればUP成功です

②FailureはUP失敗でその右にエラーコードや理由が英語で表示されています。

③はebayで割り振られたitemIDなので、出品した際の商品URLとセットで、

在庫管理ツールフォルダにあるエクセルシートへ保存しましょう↓

 

 

このように商品URLとitemIDを在庫管理シートへ保存して、

後は好きなタイミングで在庫管理ツールを使用するだけです↓

ファイルエクスチェンジのよくあるFailureの原因
  • ポリシー名の間違い(日本語はNG、また2行名からポリシーの数字が増えている)、
  • ebayへ手数料の未払い
  • カテゴリーが不適切など不注意
  • どこか空欄になっている

エラーコードやエラー理由をグーグルで検索すると全て答えが出てきます。

英語でもグーグル翻訳を使用することですぐに解決策がわかるので必ず調べてみましょう。

 

念のためebayのセラーハブからもうまく出品できたか(商品説明や写真はおかしくないか)確認をしましょう!

以上が出品ツールの解説となります!

どんどん使っていきましょう!

 

出品ツールを有効活用するコツ

誤訳されやすいキーワードや、消したいキーワードはあらかじめ登録が可能

 

ツールにはすでに★や記号など必要のないキーワードは削除されるように登録されています。

置換前に事前に削除したいキーワードを追加することができます。

また置換後に単語を登録しておけば誤訳を防ぐこともできます(空欄だと削除となります)

 

例:置換前に『一番くじ』と入力、置換後に『ICHIBANKUJI』と入力しておけば、誤訳されずにタイトルや商品説明のデータ抽出段階でその通りに翻訳されます。

 

 

商品説明テンプレートを変更する場合

自分の商品説明を使いたい(例えば送料に関しての説明などを変えたりしたりデザイン変えたい場合)は、

ツールのV1 W1ブックをクリックして、

青(新品の場合の商品説明htmlが入力されてます)と、

赤(中古の場合の商品説明htmlが入力されてます)のセルを、

自分で使いたい商品説明htmlへ変更するだけです。

 

 

 

拡大するとこのように青と赤にそれぞれhtmlコードが入力されています↓

 

 

商品説明の変更方法

自分が使用している商品説明に変えたい場合は自分が使用している商品説明のHTMLをクリックし、

こちらのコード【 <p style=”text-align: center; margin: 0px; padding: 0px 0px 15px; line-height: 20px;”><font size=”4″>[description]</font></p> 】をちょうどいいところ(ツールで得た商品説明を反映させたいところ)へ埋め込みます↓

 

 

 

普通に戻した時にこのように[description]がちょうどいいところに来ていればOKです!

 

 

その後全てのHTMLをコピーします↓

 

 

ツールの青(新品の商品説明)と赤(中古の商品説明)にそれぞれHMTLを張り付けて保存したら、

次回より自分の商品説明がツールで使えるようになります↓

 

 

その他おすすめな使い方

・おすすめは仕入れ価格の1.5-3倍でプロモーションリスティングや割引をかけて利益率10-4%程度にすることです。

レア物は2倍以上の価格で強気でどんどん売っていくといいと思います。

・メルカリヤフオクで販売している方はどんどん同時にebayでも出品していきましょう!

・中古商品や1点物はebayでも売れやすいです。

・在庫管理に関しては細かく行っていきましょう。

また売れないような商品は1か月ごと定期的に商品を入れ替えるなどして、

鮮度が高い商品を出し続けて在庫切れリスクを減らしています。SEOにもいい影響を与えます!

Ebayは在庫切れにも厳しいです。

 

・タイトルを80文字以下にする関数です。ファイルエクスチェンジ上で一気に80文字以下にカットしたい方は、

この関数をタイトルの右に新しく列を作りそこにこの関数を張り付けましょう。その後に関数の方のタイトルをタイトルの列へ値の張り付けして、関数の列を削除すれば完成です。

80文字関数

=IF(LENB(C2)>80,LEFTB(C2,80),C2)