1日200円で使えるebayサポートシステム『トラバホ』 詳しくはこちら

オーストラリアへ発送する場合の送料ポリシー

  • URLをコピーしました!

嬉しいニュースです! 2022年7月29日から下記の国の国際郵便引受が再開されましたねー!

主に引き受けが再開された国

・中国

・オーストラリア

詳細:https://www.post.japanpost.jp/int/information/2022/0728_01.html

目次

送料早見表はこちら

国際郵便の送料早見表はこちらとなります。

『国際郵便 早見表』と検索でも出てきます。

あわせて読みたい

オーストラリアを追加する場合のポリシーの作成手順

編集手順1

まずはビジネスポリシーで編集したい自分の送料ポリシーを選びましょう。

今現在、出品中商品に適用されているビジネスポリシーを選ぶとそのままオーストラリアへの送料が出品商品へ反映されます。

編集手順2

オーストラリアにeパケットで送りたい人は、下記の添付画像(2キロの例)のように重量別で

  • 500g
  • 1kg
  • 1.5kg
  • 2kg

といった感じで)それぞれ重量別の送料ポリシーを作っておくのがおすすめです!

こちらは2キロまでの商品を送る場合のポリシー例ですが、クーリエやイーロジなど皆様はそれぞれ料金が異なりますので、必ず自身の料金表を見ながら重さ別の送料を作っていきましょう!

2キロの例

2キロでアメリカ・ヨーロッパはイーロジオーストラリアはeパケットを使うことを想定したビジネスポリシーの例

1キロでも今までクーリエで3,000円~とかした送料が、eパケットだと1,870円で送れますねー!

送料無料の場合

今後オーストラリアへの送料はアメリカの送料より安くなりそうなので、送料無料の場合も、基本的にアメリカに向けた送料を商品価格にあらかじめ追加しておけばOKです!

送料無料のポリシーであれば送料部分を『0』にして、あらかじめ送料分を商品価格へ追加しておくだけとなります。

以上が編集手順と解説でした!

到着までの日数などはまだこれから状況がわかると思いますので、念のためEconomy shipping (11-23日程度で到着するポリシー)にしていますが、到着が速いようでしたら途中でStandard shipping

お役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次