coffee apple iphone smartphone
Photo by Pixabay on Pexels.com

2021年秋のアップデートよりPromoted Listings Advanced(クリック課金広告)が使えるようになりました。

使い方を解説します。

使い方

こちらをクリックしましょう。

https://mktg.ebay.com/select-campaign-type

見つからない場合は

セラーハブMarketingDashboadをクリックしましょう。

↓↓↓

左:従来のPromoted listings(Standard)

右:クリック課金広告のPromoted listings(Advanced)

と表示されていますので今回は右のCreate campaignをクリックしましょう。

↓↓↓

広告の内容を決めましょう。

↓↓↓

広告をかけたい商品を選びましょう!

全部かけたい場合は、Titleの横にチェックをいれましょう。

↓↓↓

こんな画面がでてきます。

上半分は同じなので無視してOKです!

下半分は大事な箇所です。

広告を表示させたいキーワードを選びましょう。

※例:

Suggested(提案されたもの)をそのまま選ぶのもおすすめです!

自分で何か登録しておきたいキーワードがあればそれを登録しましょう。

また除外したいキーワードも登録ができます。

最後にAdd keywordsをクリックしましょう。

↓↓↓

1クリックあたりのレートを決めて最後にLauch(開始)をしたら完了です!

下の画像では1クリックあたり約5円の設定としていますので、200クリックされたら約1,000円となります!

例えば、その1,000円の広告によって10商品が売れてれば、1つ当たりの(CPA)は100円となり、かなりコスパのいい広告投資となります!

CPAについて

CPAは顧客獲得単価を意味する略語で新規顧客を獲得するのに、1人あたりいくらかかったかを示すものです。

たとえば、あるサイトの登録ユーザーを集める広告キャンペーンで、広告費が100万円かかって、獲得したユーザーが1万人ならば、CPAは100円となります。

資料請求、セミナー参加、ECの新規顧客など、さまざまな商材で使われる指標なのでぜひ覚えておきましょう!

↓↓↓

設定が終了したらGo to dashboard(ダッシュボードに戻る)で成果を常にみましょう。

せっかく広告を設定しても、それを分析せずに放置するほどお金が無駄なことはありません。

ダッシュボードにてどのキーワードとの相性が良かったのか?

またクリック単価はどれくらいが一番いい成果がでたのか?

考えながらどんどん修正していきましょう。

↓↓↓

経過はこちらから確認できます(途中で終了することもできます)

https://www.ebay.com/sh/mktg/pl?program=PPL

まとめ

Google広告のようなebayに大きなインパクトを与えるクリック課金広告の登場により今後販売のスタイルも大きく変わっていくことが予想されます。

流れに置いて行かれないように使い方はしっかりおぼえていきましょう。

おすすめの記事